痛風に良いと言われているモリンガの部位と摂取法

モリンガとは日本名で「西洋わさび」と言い、亜熱帯や熱帯の暖かい気候の地域で自生している植物です。 国連の世界食糧計画に採用されるほど大変栄養価に優れた植物であるモリンガは、葉、実、種、茎、花、根と全てに利用価値があるほど優れた植物なのです。

インドのアーユルヴェーダやヨーロッパなどでハーブ療法として用いられてきた歴史のある薬用植物モリンガは、現代病とも言われる痛風にも大変効果があると言われています。 痛風の原因は尿の中の尿酸値が高くなることだといわれています。そのため尿酸値を下げることで辛い痛みが改善されるため、モリンガの場合は根っこの部位を利用するのがオススメです。 根を摩り下ろしてジュース状にし、牛乳と混ぜ合わせたものは痛風の症状改善に大変効果があると言われて珍重されています。

生のモリンガを手に入れることが出来たら自らジュースを作ってみるのも良いですし、なかなか手に入らないと言う場合は市販されているモリンガジュースを購入して、定期的に飲用すると良いでしょう。 飲み続けることで体質が徐々に改善されて、気になる症状を改善させる効果が期待できます。 痛風の辛い痛みで悩んでいるときの対処法としてオススメです。

HOMEへ戻る