関節痛に良いと言われているモリンガの部位と摂取法

モリンガは、その栄養価の高さから、MiracleTreeと呼ばれており、世界中で活躍しております。アフリカなどでは、極貧地域でのビタミン不足による、栄養失調症の子供たちに、栄養補給を目的として、モリンガの乾燥した葉の粉末を与えております。そういった活動を行っている程、モリンガは栄養価の高い食物なのです。

また、モリンガの若い鞘を食べると、腸内菌の正常化に効果があると言われております。肝臓や腎臓、脾臓の治療などにも使われて、関節痛にも効果があると言われております。

モリンガは、生でも食べることが出来ますし、ワサビの様な辛さがあることから、おろしてお刺身と一緒に食べるといった方法でも、美味しく頂くことが出来ます。その他にも、てんぷらなどにしても良いでしょう。様々な薬膳料理として、活用する事が出来る、万能の食物です。また、食用にする場合には、必ず、皮を取り除いてから調理をするようにしましょう。

特に、根のジュースと牛乳を混ぜたものは、喘息や痛風、腰痛やリウマチといった、関節痛などにも効果があると言われておりますので、是非、積極的に取ってみる事をおすすめ致します。その他にも、様々な使い方によって、色々な効果を発揮するモリンガは、万能の食物だと言えるでしょう。

HOMEへ戻る