モリンガを栽培する方法

インド原産のモリンガは多くの病気に効くとして重宝されてきた木です。モリンガはミラクルツリー・メディスンボックスツリー、ツリーフォーライフ・マルンガイとも呼ばれているほど栄養素が豊富で、地球上の可食植物の中では最も多くの栄養素を含んでいます。古代インドでは心と体の調和を整え、老廃物の排出を促して自然治癒力を高める効果が利用されてきたのです。

モリンガの栽培方法としては、暖かい時期である3月から8月頃に種まきを行います。種まきした後には2pほど土をかぶせます。プランターにラップをかぶせて芽が出るまで日光のよく当たる場所で2週間ほど待ちます。

芽が出てきたら一日に一回のペースで朝に水をあげますが、土が乾いていない場合は必要ありません。30pぐらいに育ってきたら植木鉢に植え替えを行いますが、土が付いている状態で根を傷めないようにして新しい土と肥料を用意します。大きく育ってきたら50pぐらいに切ると育てやすくなります。

モリンガは暑い国の植物ですので寒さには弱いので、常に日当たりの良い場所に置いて育てます。夏の終わりの気温が下がり始めた季節になったら部屋に入れて、夜も暖かい場所で育てることを意識します。

食用としてのモリンガの食べ方・飲み方

栄養素がたっぷり含まれたモリンガは、様々な効果があるのが特徴で、カロリー過多や栄養不足などや健康や美容にも良く、体の中からサポートしてもらえます。 食用としてのモリンガは、サプリメントやお茶などがあり、気軽に摂取する事ができ、健康維持に必要とされる成分がたっぷりと入っているので、食事で摂取できなかった成分をサプリメントやお茶などで手軽に補えます。 食物繊維がたっぷり入っているので、便秘解消にも良いとされ体の内側から綺麗にする事ができ、美容にもとても効果が期待する事ができます。 食物繊維の他にアミノ酸やミネラルが入っているので、健康にも美容にも良いサプリメントです。

モリンガが海外では有名な植物で、インドでは野菜として販売している程に有名で、日常的に食べている程の人気の植物です。 日本ではサプリメントとして通信販売で購入ができ、モリンガの葉には栄養素がバランス良く含まれていますので、たくさんの成分をサプリメントで手軽に摂取する事が出来るのも魅力的でもあります。 食用としてのモリンガは、まだ日本にはサプリメントとしてや、お茶としてティーパックで販売しています。 体の中から健康や美容にも効果が期待できるモリンガです。

HOMEへ戻る