モリンガを必要とする人の特徴

モリンガとは、海外ではとても有名な植物です。例えばインドの市場では、普通に野菜としてモリンガの葉が売られています。世界最古の伝統医学の発祥地として有名なインドでは、老廃物の排出を促進させ、自然治癒力を高め、身体の調子をを整えるために使用されてきた植物です。

また、ヨーロッパなどの現代医学でも効果が証明されています。モリンガには、ビタミンやミネラルや必須アミノ酸などの栄養が含まれています。さらにポリフェノールや食物繊維なども含まれているので、便秘改善やデトックスなどさまざまな効果が期待できます。便秘に悩む女性には嬉しい植物なのです。

このモリンガを必要とする人は、便秘気味で体調がすぐれない人や、アンチエイジングでデトックス効果を求めたい人などです。また、ダイエットにも効果的と言えます。ダイエットをすると栄養バランスが偏ったり、食べる量が減って便秘ぎみになったりすることがあるでしょう。

そんなとき、このモリンガは豊富な栄養素と食物繊維でダイエットの手助けになってくれるに違いありません。

ただ一つ困ったことがあります。

このモリンガは日本では栽培されていないのです。

ですが、ネットではサプリメントとして手に入れる事ができます。粉末状の物やタブレットなどがあります。自分にあったサプリメントを選び摂り続けることで、効果が得られることは間違いありません。

モリンガに含まれる栄養素について

モリンガとは、ワサビノキ属で北インド原産の植物で熱帯から亜熱帯地域に分布しています。インドの伝統的な医学であるアーユヴェーダでも300の症状に対して有益な効能があるとされています。果実、花、葉、茎、種子とすべて食べることが可能で、わさびのような香味を持ちます。モリンガのオイルはタンパク質、繊維、ミネラル、ビタミン、アミノ酸、ポリフェノールと多くの栄養素をバランスよく含んでおり、緑のミルクとも言われています。その栄養の高さと生育できる地域が広いことから、WFPの世界食料計画でも栽培が推奨されるほどです。また、生育するためには多くの二酸化炭素を必要とし、日本杉の20倍も吸収することから、地球温暖化対策にも効果が期待されています。

種子は炒るとピーナツのような食感になり、茎や葉はいためるとアスパラガスの様な食べ方をすることができます。また、茎や葉は乾燥させ、お茶として飲むこともでき、アメリカや日本ではダイエットティーとしてして知られ、夏バテにも効果があるとされてます。また、モリンガは家畜の飼料としてもよく用いられており、家畜の体重の増加と乳牛等においてはミルクの供給量の増加することが報告されています。

HOMEへ戻る